トップライト施工 宮崎市

棟梁 ( 2019年7月13日 00:21 ) | コメント(0)
トップライト施設
既設坪庭を新たなトイレへと改築。新たに屋根からの明かりを既設トイレや新たなトイレ洗面に屋根より明かりを落とす為、トップライトを取り付けます。
CIMG2330.JPG
トップライト周りは瓦施工上一定のすき間が必要です。すき間が有ると雨が吹き込む恐れが高い為、防水性の高いシートで完全防水します。
CIMG2334.JPG
増築で一番完璧を求める部分が既設屋根と新たな屋根の防水接合部分です。今回既設防水シートの劣化が殆どなく既設シートの下に差し込むことが出来、完璧に防水出来ました。
CIMG2336.JPG

アトリエ リノベーション 宮崎市桜ケ丘町

棟梁 ( 2019年7月 1日 18:40 ) | コメント(0)
アトリエリノベーション完成
施主様の希望で、古民家の趣を残しつつ、断熱性能や水回りなど近代建築を取り入れた、アトリエリノベーション3月着工より、本日6月29日全ての工事が完了しました。
CIMG2266-1.JPG
床材(県産杉・リボス塗装)床の間は床を杉板で張り替え、リボス塗装しました。
CIMG2264.JPG
ランマや障子は、古民家部材を再生しました。
CIMG2262.JPG
室内を格子で目隠し、屋根より太陽光線を取り込むことで目隠しによる暗さを解消しました。
CIMG2279.JPG
重くて動きの悪い戸襖をフラッターレールを使って解消しました。
CIMG2263.JPG

アトリエリノベーション 宮崎市桜ケ丘町

棟梁 ( 2019年6月27日 19:53 ) | コメント(0)
吹き抜け天井
施主様の希望で台所天井を吹き抜けにしました。
CIMG1645.JPG
太鼓梁は、曲がりが大きいほど荷重力も大きく、インテリア性にも優れますね。
CIMG1706.JPG
キッチン天井完成
CIMG2218.JPG
キッチンW3000D650、内付けサッシで築40年には、思えない仕上がりと成りました。
CIMG2217.JPG

アトリエリノベーション 宮崎市桜ヶ丘町

棟梁 ( 2019年6月22日 23:06 ) | コメント(0)
彫刻欄間
アトリエリノベーションも最終工事に入り施主様の提案で、彫刻ランマを取り付けました。
CIMG2180.JPG
CIMG2187.JPG
CIMG2185.JPG
CIMG2186.JPG
松竹梅彫刻ランマ取付完了しました。和室二間続きの間仕切り部分に、彫刻欄間や長欄間が使われていたが、最近は二間続きの和室が無い為、久しぶりの施工でした。施主様支給品で、板厚60mmを透かし彫りした大変高価なものかと思います。
CIMG2184.JPG

新築工事進行状況 小林市野尻町三ケ野山

棟梁 ( 2019年6月19日 23:17 ) | コメント(0)
県産杉材で腰板施工
CIMG2126.JPG
造作完了しました。
CIMG2127.JPG
今後の工程は内装、水道電気設備の工事で全ての工程完了します。
CIMG2129.JPG

無双窓 宮崎市月見ヶ丘

棟梁 ( 2019年6月19日 23:03 ) | コメント(0)
先人の知恵 無双窓
天窓日除けに、施主様の木工への厚い思いに答える事が出来ました。
CIMG1762.JPG
無双窓とは、格子に同格子をスライドさせることで、日除けや通気の役に立ちます! 先人の知恵、無双窓
CIMG2115-1.JPGCIMG2119-1.JPGCIMG2118-1.JPG

塗装工事 宮崎市花ヶ島

棟梁 ( 2019年6月15日 22:38 ) | コメント(0)
塗装工事完成しました
CIMG2103-1.JPG
塗装工事も建築目線でプランニング、太陽ヒーター固定アンカーが今にも外れそう。
CIMG1837-1.JPG
木材を取り替えてアンカー固定
CIMG1991-1.JPG
防水工事もしっかりシールを打ち替えて、雨漏りのリスクを軽減します。
CIMG1929.JPGCIMG1935-1.JPG

アトリエ・リノベーション 宮崎市桜ケ丘

棟梁 ( 2019年6月 6日 21:31 ) | コメント(0)
床改修リノベーション
CIMG1389-1.JPG
県産杉材で床リノベーション
CIMG1527.JPG
植物油
(リボス)で床塗装
CIMG2038-1.JPG
リボス塗装2回塗り
CIMG2051.JPG
床リボス塗装完了
CIMG2039-1.JPG

式台加工 小林市野尻町三ケ野山

棟梁 ( 2019年6月 2日 14:41 ) | コメント(0)
ケヤキ無垢材、式台に加工
CIMG1948-1.JPG
先ず両端に木材を置き平行であるか捩じれを確認します。
CIMG1946.JPG
ひび割れ補修、ひび割れの形で埋め木を加工
CIMG1957-2.JPG
木目になじんで、埋め木加工完了
CIMG2033.JPG
塗装完了ウレタンニス仕上げ
CIMG2036.JPG

新築工事進行状況 小林市野尻町三ケ野山

棟梁 ( 2019年5月28日 09:24 ) | コメント(0)
内部造作工程、床下地施工、電気配線工事、天井下地及び断熱施工、建具窓枠取付施工、壁下地進行中です。
CIMG1882.JPG
壁断熱は、天井より上の桁下までの施工の為、天井施工前に壁断熱施工を行います。
CIMG1887.JPG
断熱材ずれ防止や気密性を高める為、メーカー指示施工とします。
CIMG1883.JPG
柱や間柱に断熱材ヒレをタッカー留め施工です。
CIMG1885.JPG

新築工事進行状況 小林市野尻町三ケ野山

棟梁 ( 2019年5月19日 23:11 ) | コメント(0)
外壁工事完了
軒・サッシ廻り防水(コーキング)施工と成ります。
CIMG1797.JPG
躯体検査を受けと、施主様立会いで電気配線(コンセント・スイッチ)位置確認後天井施工と成ります。
CIMG1798.JPG
天井断熱材を入れ、キズ防止の為、高所作業を優先します。
CIMG1801.JPG
使用断熱材グラスウール100/ァ
CIMG1802.JPG

瓦修理 宮崎市芳士

棟梁 ( 2019年5月15日 09:07 ) | コメント(0)
台風災害 屋根瓦修理
台風災害による瓦のずれ、軒下化粧の為、瓦桟(瓦ずれ止め材)固定が出来ない、軒下化粧桟割り付けミスも一つの原因と思われる。
CIMG1655.JPG
軒瓦をステンビスで固定
CIMG1654.JPG
軒瓦固定状況
CIMG1662.JPG
ゴムパッキン付4.2X125ステンビスで、軒瓦全てを固定しました。
CIMG1653.JPG

新築工事 小林市野尻町三ケ野山

棟梁 ( 2019年4月30日 22:22 ) | コメント(0)
連休につき一息状態
上棟より一週間、外回りを急ぎたいが、連休に入りサッシが入らない為、シートで養生してます。
CIMG1688.JPG
耐震金物を取付、躯体検査待ちです。
CIMG1676.JPG
床断熱施工、内部間仕切り部分もしっかり断熱します。
CIMG1685.JPG
正しい断熱施工で大きく断熱効果が上がります。
CIMG1679.JPGCIMG1675.JPG

古民家・アトリエ リノベーション 宮崎市桜ヶ丘

棟梁 ( 2019年4月25日 21:55 ) | コメント(0)
デッキ&千本格子完成
CIMG1637.JPG
ウオールナット色で塗られた千本格子。濃すぎたかな?
CIMG1638.JPG
意外と明るく良い感じでしょう
CIMG1646.JPG

上棟 小林市野尻町三ケ野山

棟梁 ( 2019年4月21日 22:21 ) | コメント(0)
上棟式段取り初め
柱の番付けを基本に、構造柱位置に柱番付けと成ります。家はいの一番から始まる。
CIMG1580.JPG
上棟前段取り、作業短縮を図る為、所定位置に構造材を置いて明日の上棟に備えます。
CIMG1582.JPG
上棟開始
CIMG1592.JPG
午前11時上棟状況
CIMG1594.JPG
午後4時吹き流しを上げ、上棟式段取りを始めました。
CIMG1611.JPG

古民家・アトリエ リノベーション 宮崎市桜ケ丘

棟梁 ( 2019年4月18日 23:35 ) | コメント(0)
ウッドデッキ施工
見た人が想像を掻き立てられるアトリエの顔とも言える玄関&デッキ。基礎は束石接着固定します。
CIMG1553-1.JPG
夫々の束石レベルに合わせて木材を切り込み組み建てます。
CIMG1555-1.JPG
防虫防腐注入材に、更に防腐塗装を行って組み立て施工します。
CIMG1554.JPG
本日の施工終了
CIMG1557-1.JPG

配筋検査 小林市野尻町三ケ野山

棟梁 ( 2019年4月12日 21:34 ) | コメント(0)
日本住宅保証検査機構による配筋検査
CIMG1537.JPG
配筋・躯体検査は、大小問わず全ての新築住宅が対象と成っています。
CIMG1540.JPG
配筋検査を受けコンクリート打ち込みました。
CIMG1546.JPG

«  2019年7月

      
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31