今は,ローンの見直しの絶好の機会

超低金利と金利競争激化は見直しの絶好の機会
人は保守的傾向が強いので,一度決めた事を変えるのは余り好きではなく,得意でもないのが大勢かも知れません。
それでも今日,歴史的に見ても特異な超低金利の時代である事を考えると考慮してみる価値は十分にあるでしょう。

ケーススタディー

現在の残金
2,000万円
残りの期間
20年
契約済内容
10年固定,金利2.5%
現在の金利
10年固定,金利1.5%
5年後金利
(予想)3%
10年後金利
4%(過去の平均金利)
と仮定して,借り換えを行なった時の試算をして見ましょう。

借り換え比較表

借り替え現状維持差額
元金2,0002,000-
利息464628164
支払合計2,4642,628164
最大月額108,800112,5003,700
※注:単位は万円
比較してみると次のような結果を目にすることになります。
  • 支払利息の総額は164万円の差が生じます
  • 最大月額は3700円の差が生じます
こうして見ると,
金利の差と返済期間が大きければ大きい程節約度は大きい
と言えます。 どのような方が金利の見直しをするとよいでしょうか。
下記の方が挙げられるかも知れません。
  • ローン残高が一千万単位で残っている方
  • 超低金利時代が始まる以前にローンを組まれた方
  • 変動金利で契約しており,返済額の見直し時期が近い方
  • 変動金利で契約したが,将来の金利上昇に不安を感じる方
  • 60歳迄にローンを完済したいと考えている方
こうした方にお勧めなのが,超低金利時代故に
おトクで安心の10年固定型金利
です。
  • 今後10年間,お得な低金利を確実に享受出来る
  • 金利上昇を心配しなくてよいので,安心感を得られ平安でいられる
結論として
今はローンの借り換え見直しの絶好の時期
コメントする

«  2019年11月

      
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30